山戸結希さんは現在注目の女性映画監督です。

2016年に映画『溺れるナイフ』でメジャーデビューして以来、若い女性に向けてのティーンズムービーを取り続けてきました。

そんな山戸結希さんについて調べていきました。

基本情報

  • 本名:山戸 結希(やまとゆうき)
  • 生年月日:1989年(現在30歳)
  • 出生地:愛知県刈谷市
  • 職業:映画監督
  • ジャンル:青春映画
  • 活動期間:2012年~
  • 所属事務所:研音

 

山戸結希さんは映画監督です。

大学在学中の2012年に自主映画を初監督されています。

2016年には『溺れるナイフ』でメジャーデビューし興行収入7億円超えを記録されました。

若い女性を中心に熱狂的なファンを獲得している女性映画監督です。

 

生年月日は生まれた年しか公表されていませんでした。

表立って演じたりする立場ではないからでしょうかね?

 

出身高校は?

山戸結希さんの出身高校は『愛知県立豊田西高等学です。

愛知県立豊田西高等学校のWikipedia著名な卒業生の欄にはっきり記載されています。

 

豊田西高校は偏差値67の進学校です。

愛知県内の高校418のうち14番目に偏差値の高い高校のようです。

アナウンサーの長野美郷さんも豊田西高校に通われていたそうです。

山戸結希さんは高校時代から優秀だったんですね~。

大学は?

山戸結希さんの出身大学は上智大学です。

学部はわかりませんでしたが、論理学を専攻していたそうです。

文系だったことは間違いないでしょうね。

上智大学文系のの偏差値は62~65くらいと言われています。

高校時代の成績を落とさず、そのまま進学されたようですね。

 

山戸結希さんは大学2年生までは論理学の研究者を目指していました。

しかし、大学2年次の終わりに「言葉だけでは表現できないものがある」と考えるようになったそうです。

大学3年生のときに、で上智大学の映画研究会に所属し、独学で『あの子が海辺で踊ってる』を撮影しました。

その作品が第24回東京学生映画祭で審査員特別賞を受賞しました。

 

初めて監督をした時は、外部的な要因から映画研究会の部長になったことで「やらざるを得ない状況」だったようです。

映画を撮るための知識はおろか、撮影機材の使い方もよくわかっていなかった状態での初監督だったそうです。

「これからずっと映画を撮り続けるのかもしれない」と、ある種の予感めいたものがあったと語っています。

 

率直に、こんなに面白いことはないと思いました。他者に求められるかどうかは別にして、自分自身の感覚としては、確信がありました。これより面白いことは、きっともうこの先ないかもしれないと。おそらく、一度映画をつくるとみんなそう感じるのではないかと思います。人間表現のすべてが集約されてゆくというか、世界にそっくりになってゆく芸術として。撮っているとき、本当にそう感じることが出来るんです。

引用:THE FIFTH SENSE

乃木坂46との関係は?

山戸結希さんは乃木坂46の『ごめんね ずっと…』と『ハルジオンが咲く頃』のMVの監督を務められています。

こちらがハルジオンが咲く頃のMVとなっています。

 

山戸結希さんは女性を撮ることがとても上手と知られている監督さんです。

このMVも雰囲気があって一人ひとりの良さが生かされていると感じました。

 

また2019年6月28日に全国公開される映画『ホットギミック』で乃木坂46の堀未央奈さんと山戸結希さんがタッグを組みます。

「乃木坂46」の堀未央奈が映画初主演を務め、「溺れるナイフ」の山戸結希監督が相原実貴原作の同名コミックを実写映画化。平凡な女子高生・成田初は、兄、妹、両親に囲まれたごく普通の家庭で暮らしていた。同じ社宅に住む幼なじみで昔から初の憧れの存在だった小田切梓。口は悪いが傷ついた初を励ましてくれる橘亮輝。初の兄で、ある秘密を持つ凌。初を取り巻く3人の男性との間で、彼女の心が揺れ動いていく。主人公の初役を堀が演じるほか、亮輝役を清水尋也、梓役を板垣瑞生、凌役を間宮祥太朗がそれぞれ演じる。

引用:映画.com

菅田将暉との関係は?

山戸結希さんは2016年11月に公開された『溺れるナイフ』で菅田将暉さんとタッグを組んでいます。

山戸結希さんにとってのメジャーデビュー作品で菅田将暉さんと関わっています。

『溺れるナイフ』は興行収入7億円を超えています。メジャーデビューしてはじめての作品で菅田将暉さんを撮り、興行収入もよいので

恵まれている印象を受けました。

もちろん本人の実力があってこそでしょうけど!

 

『溺れるナイフ』の撮影は17日間という非常に短い期間で行われていたそうです。

この期間について山戸結希さんはこのように語っています。

17日で撮るっていうのは、作家としては死刑宣告みたいなもので(笑)。でもだからこそ、自分の作家性よりも、目の前の4人(小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅、上白石萌音)を『魅力的に撮るにはどうしたらいいんだろう?』ということに集中できました。17日間という撮影期間が与えてくれたものもあったと考えています

引用:TSUTAYA

 

まとめ

山戸結希さんは2016年にメジャーデビューした女性映画監督です。

メジャーデビューの作品は『溺れるナイフ』で菅田将暉さんが出演しています。

 

山戸結希さんの出身高校は愛知県立豊田西高等学校で偏差値は67でした。

出身大学は上智大学で、偏差値は62~65です。

山戸結希さんは高校時代から頭が良かったことがわかりますね。

 

デビューして以来、乃木坂46などのMVの監督もしています。

山戸結希さんは2019年6月公開の映画『ホットギミック』で乃木坂46の堀未央奈さんとタッグを組みます。

 

山戸結希さんの今後の活躍に注目ですね!