2019年5月28日(火) 19時00分~20時00分放送の『この差って何ですか?』で歯を磨く場所によって歯ブラシを複数使用すると良いと言われています。

8種類の歯ブラシを使い分ける名女優Kが登場します。

この名女優Kは梶芽衣子さんです。なぜ8本も使用しているのでしょうか?調べてみました。

梶芽衣子は歯ブラシを8本使用?

『この差ってなんですか?』で8種類の歯ブラシを使い分けると言われているのは女優の梶芽衣子さんです。

2018年3月10日に出演されたTBS系「サワコの朝」では、歯ブラシ11本を常時、持ち歩いていることを打ち明けています。

この差ってなんですかでは8種類というcmでしたが、実際は11種類なのではないでしょうかね?

もしくは1年の間に3本は落選したのかもしれませんね。

こちらが梶芽衣子さんの持ち歩いている歯ブラシになります。

 

梶芽衣子さんの持ち歩いている歯ブラシには、「一番上の奥の磨きにくい所」を磨く子供用の歯ブラシ、「隅っこの所を磨ける」さらにブラシの部分が小さい物があります。

また、歯磨きは絶対にお食事終わって5分以内に行うそうです。

時間にすると20分かかるそうです。

歯と歯の間を磨く歯間ブラシについても、「自分の歯でも全部サイズが違うんです。」と語っています。

自分の歯の中でも色々な歯間のサイズがあるため、歯間のサイズに合った歯間ブラシを使用しています。

 

使い分けている理由は?

ここまで歯磨きにこだわる理由については以下のように語っています。

口の中のケア、清潔に保つためのケアっていうか。

入れ歯になったら絶対にダメだから。セリフもちょっと言いにくくなったり、声変わっちゃうし。それはちょっと嫌だもん

女優は歯が命という言葉を聞いたことがありますが、ここまで拘っているのは本当にすごいですね。